スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「できないのか」「やらないのか」

あることを目標にしようと思っても、
「できないから、やらない」「やれないから、あきらめる」ことが多くなってきた。

この年(51才)になると、色々としがらみや制約前提条件があって悩む。
この「悩む」ことが悔しくてしょうがない。
以前は、自分自身の無限の可能性を信じてきた。
しかし、この年になると、その発想ができない。じつに、悔しいものである。

たとえば、これからトレーニングして、私は、100mの世界新記録保持者になれるのか???
少なくとも、私は、中学生までは、オリンピックに出られるものと思っていたし、そのための努力もしてきた。
そして、いくつもの挫折を味わってきた。
そのうちに、このような経験が足かせとなり、安全な達成できそうな目標設定をするようになった。
そのこと自体が、悔しい。結局、自分の無限の可能性を否定し、小さくまとまっている自分がいる。
ある人に言わせれば、「挫折は、人を強くする」というが、本当なのだろうか?

しかし.....
私の資源は、無限ではない。(時間、金)

今、ふっとある大先輩の言葉を思い出した。
「人は、自分の105%の目標設定をしてはならない。なぜなら、105%の目標設定をすると、現状を肯定し、現状の延長線上で努力してしまうからだ。120%の目標設定をしたならば、到底努力だけでは、達成できない。したがって、自己否定やゼロベースで物事を考え、新たなやりかた、工夫をしようとする。それがたいせつなんだ」と。

私が100mで世界新記録保持者になるという目標は、今の私にとって、どう考えても1000%の目標である。
無理な目標設定というより、無謀な目標設定である。

では、私の100%の能力とは、何なのか?(無限ではなく、有限である。)

少なくとも、今の私は100%の努力さえもしていないのではないかと、ジレンマに陥る。
それが、悔しい。
自分の有限な100%の力を発揮していない人間が、120%の目標は到底達成できるはずが無い。
まずは、自分自身を見つめなおして、もくひょ達成のためのスタートラインにたつことが必要と思われる。

みなさんは、どう思われますか。
スポンサーサイト

comment

Secret

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。