スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは、なぜ働くのですか?

唐突ですが、皆さんは、なぜ働いているのですか? 

お金を得るため?
確かに、お金が無いと生きていけませんよね。

では、お金があったら、働かないのですか?
ん~っ!私は、そんな経験がないのでなんとも言えませんが、たぶん働くと思います。
皆さんは、いかがですか?

例えば、ホ○エモン。彼は、人生を悠々自適に暮らせるだけのお金を手にしましたが、働きましたよね。(働き方に問題があったようですが........)
例えば、つい先日まで、実話をもとにテレビドラマを構成した「ロトで3億円を当てたサラリーマン」。彼も、新しい会社を興し、働きましたよね。

私は、働くとは、お金を稼ぐ以外にも、何か魅力があると思うのです。 

皆さんは、なぜ、働くのですか?

毎朝、午前6時に起床、慌ただしく朝食、支度をして、満員電車にもみくちゃにされ、ようやく会社に着いたら、汗だく。
会社に着いたら、社内では、上司や部下に気を遣い、社外では、お客様対応に疾駆八苦し、ようやく会社に戻ると、机の上は、書類の山。
やっと残業が終わって、帰宅は、午後10時。そそくさと風呂に入って、夕食をとり、ほんの少しの自分の時間を楽しみ、就寝。
20歳~60歳の約40年間。人生の半分を仕事に費やしているのです。 

もう一度繰り返します。皆さんは、なぜ、働くのですか?

私は、人が働く理由は、様々であり、私の考えを押し付けるつもりは、もうとうありません。
これから、ある有名なお話を紹介します。
改めて、自分は、なぜ働くのかを考えるきっかけにして頂ければ、幸いです。


舞台は、古代ギリシア時代。
採掘された石を立方体にするという3人の石工(石切大工)のお話です。
旅人が、ある町に着きました。
町を歩いていると、3人の石工に出会いました。
彼らは、炎天下、滝のような汗を流しながら、塩を舐め、水をガブガフと飲み、ほとんど裸の状態で、肌は、日焼けをして真っ黒で荒れ放題です。
当時は、同じ職業は、同じ賃金であったようです。

そこで、旅人は、一人目の石工に、質問したのです。
「あなたは、なぜ、働いているのですか?」
その石工は、こう答えたそうです。
「バッキャロー!誰も、こんな過酷な仕事をしたくて、してるんじねぇーよ!何で、俺がこんな仕事をしなくちゃならねぇーのかなぁ。俺に、こんな仕事をさせる世の中が悪いんだ!俺は、こんな仕事をしている人間じゃねぇーんだ!なんで、それがわかんねぇのかなぁ!世の中の奴等は、バカばっかりだ!ぺぇっ(つばを吐き捨てる)」

次に、旅人は、2人目の石工に、質問したのです。
「あなたは、なぜ、働いているのですか?」
その石工は、こう答えたそうです。
「仕方ないんですよ。今、私は、妻と子供2人を養っています。妻のお腹には、3人目の子供がいます。私が働かないと、食っていけないんですよ。私だって、こんな仕事は、したくはありません。でも、家族を守るためには、仕方ないんですよ。」

さらに、旅人は、3人目の石工に、質問したのです。
「あなたは、なぜ、働いているのですか?」
その石工は、こう答えたそうです。
「なぁ、お前。今俺が何を作っているか、知っているか?教会の基礎の部分の石を作ってるんだよっ!石ってのはな、腐らないんだよ。確かに、雨風により、風化はするがな。でもなぁ、俺の作っているのは、基礎の部分だ。教会が完成したあかつきには、100年~300年、いや1000年後であっても、俺の仕事は、残り続けるんだ!スゲーだろ!」


それぞれの勤労観を以下のように言います。
1人目の石工の勤労観を「恨みの勤労観」
2人目の石工の勤労観を「諦めの勤労観」
3人目の石工の勤労観を「歓びの勤労観」

あなたは、なぜ働くのですか?

 


ブログランキングに参加しています。
応援のクリック頂ければ幸いです。
↓ ↓
 

スポンサーサイト

comment

Secret

No title

働く理由。。。
改めて考えると、言葉にし難いですね^^
私の場合、
自分の夢や想いを実現させて、ある程度の『形』にしようするならば、会社という組織において、地位・役職が必要になると思っておりますww だからこそ、それを手にいれる為に働く。。。ですかねぇ^^ 理由は人によって全く違いますから、社員が同じ目標に向かって、一丸となって働く。。。 これが難しいと思う今日この頃 (*´∀`*)



No title

こんにちは。
難しいですね^^
なんで働いているんでしょう?
私も何気に考えることがありますが、明確な答えは見つからないです。
一つ一つの仕事に感想なり、意味はあるのですが、トータル的にといえば分かりません。
強いて言うならば、答えを見つけるために働いている。
ってことになりますね。

コメントありがとうございます

建仁寺竹男さんへ
おっしゃる通り「社員が同じ目標に向かって、一丸となって働く」というのは、難しい時代なのかもしれませんね。
ただ、厭々働く社員とは、一緒に仕事はしたくないですね。目標は、異なっていても、皆、仕事が楽しく、活き活き、ピチピチした職場でありたいです。


ありなさんへ
「答えを見つけるために働いている」ですか。
「旅人」でしょうか。
それも良いですね。
旅を続ける限り、答えを見つけることを諦めない限り、未来がありますから。

No title

セルフイメージって大切だって、ある人が言ってたのを思い出しました。しんどい、安い賃金、汚い、辛い・・・。でも3人目の石工のようにセルフイメージを高めると、疲れや怒りは出てきません。
私も今それを経験しているところです。

No title

こんばんは~。

根源的な問いですね。
僕も学生時代に就職活動をし始めたのをきっかけに、いろいろ考えました。
最初にたどり着いた答えは
「みんな働いているから」
です。
これはこれで、なかなかいいとこを突いてるなあと僕はいまだに思っているのですが。

今僕が持っている答えは、思いっきり縮めて言うと
「人間ってそういうもんだから」
なんです。なんのこっちゃわからないですね。はは。
もうちょっと具体的レベルに落とすと
「誰かの役に立つため」
になるのかな。

こういうことを考えるのは、「いい仕事」をする上でとても大切なことですよね。良い問いかけをありがとうございます。

No title

お久しぶりです、おげんきですか・
私は 風邪をひいてしまいました。
暑い暑いといっていた時期もあっという間におわってしまいもう寒い時期になりましたね。。
風邪をひかないように!
(私はひいていますが~!)

No title

gonsukeさんへ
いわゆる「脳内アドレナリン」の分泌量が多くなっている状態でしょうか?
確かに、楽しいとか遣り甲斐があると感じる仕事は、疲れないですよね。

ドクエメットさんへ
私も「皆が就職するから」が、働き始めの動機ですね。ただ、私が思うに働く上で大切な事は、「腹をきめる」事だと思っています。
腹をきめると自然に、自分が何をどうすべきかが見えてきたような気がします。

furagaruさんへ
ほんと毎日寒くなりましたね。
私は、極寒の地「歌志内市」の生まれなのですが、寒さに弱くて.........
ちなみに、本日の歌志内の最高気温15度、最低気温10度です。新宿区は、最高気温23度、最低気温17度です。
北海道では、もうストーブをたいています。

No title

このお話は以前聞いたことがあるお話でした。
なかなか、考え深いお話だと思います。
どうせ、働くんだったら歓びの勤労観を持って働きたいと思います(どうせ、という言葉が付いているようでは諦めの勤労観かな)
また、一生一回のため、歓びの人生を送りたいですね!!(^-^)
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。