スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20:80の法則【第2回】

前回、20:80の法則とは何かに、引き続き【第2回】では、お約束の通り?
『下位20をどうするか』
つまり、
『企業におけるバランスの取り方』
について、書いていきます。

≪前回の振り返り≫-------------
100匹の中から、働かないアリ20匹を取り除くということをしています。
そうすると、
残りのアリ80匹で、
20-30%⇒働くアリ 16匹
40-60%⇒追随するアリ 48匹
20-30%⇒働かないアリ 16匹
に、なるというのです。
ん~っ、単に人材を減らしただけでは、縮小均衡になってしまい、企業にとっては、プラスにならないようです。
皆さんだったら、どうしますか?
-------------------------

約10年前のことですが、ある企業が「早期退職制度」を導入しました。
目的は、下位20%の社員の退職を狙ったものです。
会社側としては、下位20%の社員に早期退職してもらいたい。というものでした。
彼らは、いわゆる「窓際」に追いやられていたり、職場でも「仲間はずれ」になっている状態でしたので、当然、手を上げてくると思っていたのです。
対象は、45歳以上
条件は、60歳まで勤務したとして、退職金の満額+αを支払う
というものでした。大変に良い条件です。

ところが・・・・・・・・
手を上げてきたのは、上位20%の社員が多かったのです。
彼らは、自分の業績に自信を持っており、「会社は、その業績を正当に評価していない」と日頃から不満を持っていたのです。
彼らは、今がチャンスとばかり、大きな退職金を手にし、転職および起業していきました。
さて、下位20%の社員は、どうしたかというと………
彼らは、手をあげようとはしませんでした。
なぜなら、彼らは、今退職したならば、大きな退職金は、手にできるが、転職先で当時の給与をもらえる自身が無く、たとえ転職しても給与が下がり、退職金などすぐに底をつくことを知っていたのです。
結局、その会社のとった策は、大失敗です。
会社そのものの体質を弱めることになってしまいました。

また、ある会社では………
『再生教育』を行いました。
こちらの方は、下位20%を退職させることを目的としているものではなく、対象を下位20%として、改めて「意識改革」「業務遂行スキル」などを教育し、社員を再生させようとするものです。
結果は…………
対象者の約50%は、見事再生しました。
ただし、結果として、残りの約50%は、退職していきました。
つまり、下位10%は、退職していったのです。
この『再生教育』が成功したのか、失敗したのかは、分かりません。
しかし、私個人の意見としては、好ましいとは思いません。


法人も個人も『人』という漢字を使います。
『人』を伸ばすには、どうしたらよいのでしょうか?
「弱いところを矯正する」
よりも
「強いところをさらに強くする」
です。

したがって、私の考えとしては、
会社組織を一人の人と考えるなら、
【上位20%をさらに強化する】
です。


上位20%をダントツにしていくと、どうなるか。

まず、中位60%の社員が、必死に追随しようとします。
そうでないと、中位60%の社員は、会社における自分たちの存在価値が無くなっていくからです。彼らは、しっかりとしたフォロアーシップを持っています。上位20%に追随できないと、下位20%の社員になることを知っていますし、恐れています。

その後、下位20%の社員は、どうなるか。
彼らは、自分たちのすぐ上に、中位60%の社員がいることに、安心しています。
また、以前私のブログで「自己評価は、他者評価の80%程度」と書きましたが、下位20%の社員は、中位60%の社員とさほど「能力的に差はない」「評価も若干負けている程度」としか思っていないことが多いのです。
それなのに、中位60%が、上位20%に必死になって追随しようとして、どんどんレベルは上がっていくのです。
明らかに、自分たち下位20%とは、かけ離れた存在となっていくのが手に取るように分かるのです。
彼らも企業における20:80のバランスを理屈ではなく、感じ取ります。
そこで、彼らの選択は、2つ。
必死になって中位60%に追随しようとするか、諦めてリタイヤするか。
この2つの選択肢は、誰からの強制でもありません、彼ら自身の決定です。
したがって、どちらを選択しても、納得感があるでしょう。


このようにして、
20:80の組織全体を上に引っ張り上げるというものです。
実際には、色々と問題点もあるのですが………

いかがでしょうか?
皆さんのご意見をお待ちしております。

次回は、法人ではなく、個人を対象にして、
『強みを伸ばして、人を伸ばす』
について綴ります。




ブログランキングに参加しています。
応援のクリック頂ければ幸いです。
↓ ↓
 

 

スポンサーサイト

comment

Secret

売ってみたらいかがですか。

リサイクるのために 売ってみるのもいいと思います、
私は 個人的に 物があふれかえってる生活は いらいらしてだめなんですよね。
だからいらない物は 売る、、、、
これがもっとう。
そして 少しでもお金になれば
チリも積もれば 
毎月だいたい
15000円にはなってます。
捨てたら0円 しかも ゴミ・・

オ-クションをを始めてから 
捨てるゴミが減った気がします、
そして いつも 部屋がかたづいていますよ!

No title

強いところをさらに強く・・・ですか~!
そうですね、人の否定的な部分をどうのこうのするよりも、
肯定的なものを奮起させたほうが動かし易いですよね。
結局、人を動かすには「ああしろこうしろ」ではなく
自発的に考えて動くようにしむける・・といことなのでしょうか。
集団の心理が少しわかりました。
P.S 
ブロとも申請ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

コメントありがとうございます

furagaruさんへ
そうですよね。
以前は、フリーマーケットに出店していたのですが、時間がもったいなくて。
結構、オークションでは色々と購入しているのですが、いざ出品するとなると......
木でできたおもちゃ、ディズニーのビデオなど結構たくさんあって、売ってみたいと思うのですが。
このお盆休み中に研究してみます。
出店しましたら、連絡しますね。
ぜひ、ご購入ください。


シンシアKさん
早速のお返事、ありがとうございます。
次回のテーマは、「強みを伸ばして、人を伸ばす」にしようと思っています。
子供の教育に焦点を当て、人材の育成を考えてみたいと思います。

ありがとうございました。

それと、リンクもはらせていただいて、よろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

リンク

リンク大歓迎です♪
ありがたいことだと思います。
どうぞめいっぱい張ってください!
よろしければ私も張らせてもらえますか?
よろしくお願いします。

No title

働かないアリ20匹を取り除くということをしても

結果ははたらか無いありが出来る。

つまり体質の改善しかないのですね・・・

早野さん

お久しぶりです。 お元気でしたでしょうか!


フェミニングループで衆意を結集したレポートが
出来上がりました。

無料プレゼント中です。  

期限があるのでお見逃しなく^^ 稲葉

No title

前回の自分のコメントは、「下から押し上げた」内容だったわけですが小さな組織だからこそできる話です。
大きな組織の場合、「(上から)全体をひっぱりあげる」が正解なわけですね。
勉強になりました。

No title

こんにちは!
以前サラリーマンをやっていたころは下位20%をどう引き上げるかがカギだと考えてました。
今は大きな組織に属しているわけではないのですが非常に勉強になります。
長所を伸ばすことよりも短所を補うことで平均値を上げようと考えるのは古い日本人的考えかもしれませんね。
次回、個人対象の記事も楽しみにしてます。
応援ポチ!

No title

私もそうでしたが、下位の20%を引き上げること、そればかり考えていたように思います。
早期退職は、そのようになっている企業をたくさん見てきました。
やはり、上位の人間を引きあがる方がいいのでしょうね。
対投資効果も大きいと思います。

上位伸ばし

なかなか興味深いお話です。
会社を育てるということは、人を育てるということなんですね。
これって、学校教育にも当てはまるような気がします。
思わず、拍手アンド応援ぽちです~★
さて、コメントの回答が遅れてすみません。梅きゅうりごはんですが、キュウリは塩もみせずいただきました。キュウリそのものが夏野菜で体を冷やす効果があるようです。現在、主人の血圧を考慮してなるべく塩分控えめにしております。塩分を気にしない方は塩もみもいいかもです。

コメントありがとうございます

☆彡サービス業 稲葉さん
こちらこそ、ご無沙汰しています。
そうですね。「体質の改善」が重要ということになります。
そのためには、リーダーがどう変われるかということでもあると思います。

レポートを今読んでいます。
大作ですね。
プログ、出版、レポートなど、自分たちの実践してきたこと、日頃考えていることを世の中に発表し、意見を請うという行為は、大変に勇気の必要なことであり、重要なことだと思います。
読ませていただいた後に、コメントさせてください。


☆彡さんさん
今回は、アリ100匹で考えましたが、上位20匹だけを強化するだけでも足りないと考えています。
あと一つは、トップのビジョンの明確化とそのビジョンに社員がどれだけ賛同できるかも、必要だと思います。
例えば、あるフランチャイズの加盟店になるためは、本部と何回も面接し、本部のビジョンを理解し、共有化しないと契約してくれないそうです。


☆彡快福やさん
確かに日本の場合、「底上げ」という言葉があるように、弱いところを強化すると言った基本的な考えがありますね。
私に対する企業様からの依頼も「弱い営業所を建て直して欲しい」という依頼が多くあります。
そんな時、私は必ず確認するんですね。
1.その営業所エリアのシェア向上なのか
2.会社としてのシェア向上なのか
ほとんどの場合、2です。
であるならば、私は、「強い営業所、強い所長のいるところを指導した方が、短期間で低コストで伸ばせますよ」と。
1を指導した場合、ある程度の期間と予算をしっかりと取っていただきたいと。
強いところをさらに強くするのは、さほど難しくありません。しかし、弱いところは、それなりの歴史?があって弱いのですから、なかなか前に進まないのが実情です。


☆彡gonsukeさん
確かに今は、人材育成も「投資対効果」を考えながら実施する時代になってきたのでしょう。
厳しい時代ですね。
ただ、企業によっては、人材育成に投資すらしないところもあるのは、非常に残念です。


☆彡megami1さん
レシピありがとうございます。
やはり、夏は、夏の食材を食するのが良いのですね。
以前聞いた事があるのですが、「すいか」も体温を下げる効果があるらしいですね。
PC環境の快適な様子。何よりです。

最後に、ほんとにいつもメニューと食材の価格を見て、うらやましい限りです。
今回の「豚キムチと冷奴」も美味しそうですね。

No title

初めてコメントさせて頂きます。
ドラッガーの言葉に「強みを強化せよ」というのがありましたが、それと共通している部分があるように感じました。
大変勉強になりました。
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。