スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言の恐ろしさ

この話は、私が若い頃、マネジャー研修でその時のインストラクターが話された内容です。
一時は、教員を目指した私にとっては、衝撃的であり、今でもはっきりと覚えています。
とても良い話なので皆さんにもご紹介します。



ある小学校1年生の社会科の授業のひとコマです。
先生が、「みんな!将来は、何になりたいかな?」と質問しました。
子供たちは、みんな元気良く、目を輝かせて
「は~いっ!僕は、お医者さんになりたいです!」
「私は、ピアノの先生になりたいです!」
「僕は、野球選手になりたい!」
と、自分の将来の夢を言っています。

しかし、一人だけ手を上げておらず、下を向いている児童がいます。
仮に石井君としましょう。
先生は、「どうした、石井!お前は、将来なりたいものは無いのか?」と問いかけたのです。
良く見ると、目を真っ赤にして涙をためているではありませんか………

石井君の家は、八百屋さんを営んでいます。
お父さんのお父さん(おじいちゃん)も八百屋さんでした。
ですから、石井君は、いつもお父さんから「おまえも八百屋を継ぐんだからな」と言われていたのです。
石井君は、「自分には八百屋になるしかないんだ」と思っていたのです。
また、石井君は、八百屋が大っ嫌いでした。
いつも、お父さんは、朝まだ暗いうちに軽トラックで市場に行きます。
お父さんが市場から帰る頃に石井君は起きるのですが、荷降ろしの手伝いをしなければなりません。
手も、洋服も泥で真っ黒になります。爪の中に泥が入り、せっかく前夜お風呂に入ったのに、その爪のままで学校に行かなくてはなりません。とてもイヤでした。恥ずかしく思っていました。
それなのに、生活は決して楽なものではありませんでした。
夜遅くオシッコがしたくて起きるとお父さんとお母さんは、色々な所への支払いに頭を悩ませていることを知っていました。
だから、石井君は、まだ小学生で欲しいものはたくさんあるのに、決してお父さんやお母さんにおねだりする事はありませんでした。そんな今の生活がイヤでたまりませんでした。

そんな時、この「将来何になりたいか?」の授業があったのです。
先生の質問に対して、仕方なく石井君は、蚊が鳴くような声で「え~っと、ぼっぼくは、八百屋さんになります・・・・・・・」と答えました。
クラス中、大爆笑です。
「なんだよ、石井!おまえ、八百屋かよ!ダッセーッ!」
「おまえ、お父ちゃんが八百屋だからだろ!夢がねーなっ!」
「私、絶対、八百屋さんのお嫁さんになりたくないわ!」

その時、先生がこう言ったのです。
「八百屋さんか!良いじゃないか!八百屋さんが無ければ、皆の大好きなカレーライスも食べられないんだぞ!お父さんからも色々と教えてもらえるじゃないか!先生は、石井の八百屋さんになる夢は、凄い良い夢だと思うぞ!皆だって、石井が八百屋さんになったら、まけてくれるかもしれないぞ!」
そして、先生は続けてこう言いました。
「そのかわりなぁ、石井!八百屋になると決めたならば、この町一番の八百屋になれ!お父さんが作った今の八百屋さんよりも、でっかくするという夢を持て!」

石井君は、目から涙が止まらなくなり、ボロボロと泣きじゃくりました。

それから40年後。
テレビの番組で、昔お世話になった人に再会させてくれるという番組がありました。(最近、似たような番組がスタートしましたね。)
石井君は、40年前のお礼を言いたく当時の担任の先生を探したのですが、見つからないために応募したところ、運良く出演が決まったのです。

今までの経緯を話し、いよいよ先生の登場です。
二人は、感激し、抱き合いながら涙を流しました。


二人が落ち着いた頃に石井君が、先生にお礼を述べるコーナーになりました。

「先生、あの時は、本当にありがとうございました。私は、幼いながらも自分には、将来の夢は無いと思っていました。イヤでイヤでしかたない八百屋を継ぐしか自分には無いのだと。

でも、あの時、先生は、八百屋さんという職業を褒めてくださいました。

そして、この町一番になれという夢を私に与えてくださいました

私は、その後、自ら希望し農業高校に入学し、青果について生産者の立場を学びました。卒業してからも親父の仕事を手伝いながら学び、夜は、簿記の専門学校にも通い商店の経営について勉強しました。

そして私は、今、県の青果協同組合の組合長をしております。

まだまだ、県一番の八百屋さんには、程遠いですが、ここまで来れたのも先生のあの「一番になるという夢を持て」の一言があったからです。本当にありがとうございました。」

と、言うお話です。

小学校一年生の時の先生のたった一言が、石井君の人生を変えたのです。 



もしあの時、先生が「なんだ、石井。お前は、八百屋になりたいのか!お父さんが八百屋さんをやっているからと言って、八百屋になるって言うのは、夢がないなぁ。いいか、石井、お前たちは、これからな努力すれば、何にでもなれるんだ。八百屋になるなんて事、考えないでもっと大きく、夢のある仕事を目標にしろ!」なんて言っていたら、石井君はどうなっていたでしょう。

確かに、一般論としては、先生の言っていることは、間違いではないのかもしれません。
しかし、一般論は、当時の石井君には、あてはまらいのです。

【まとめ】

私たちは、人に対してどれだけ影響力を持っているだろうか。

私たちは、自分の何気ない一言で人を傷つけていないだろうか。



職業から私も先生と呼ばれることがあります。私自身、反省することばかりです。


ブログランキングに参加しています。
応援のクリック頂ければ幸いです。
↓ ↓
 

スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。