スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強みを伸ばして、人を伸ばす

子供の教育については、どうでしょうか?
つい先日、子供たちの通信簿をご覧になって、どうされましたか?

「なにこれ?1学期は、サボったんじゃないか?2学期は、力を入れろよ!」
「こんなんじゃ、お小遣いへらさないとな!」
「2学期は、頑張ったら、欲しいものを買ってあげるから!」
「お父さんは、こうじゃなかったけれどなぁ………」

まさか、こんなこと言ってませんよねぇ!
結局、これらのことは、
「お前は、ダメだから、もっと頑張れ!」
と言ってるんですよね。
子供心でも、親から「お前は、ダメだ!」と言われて、
頑張ろうと思えますか?
皆さんだって、会社の上司から「お前はダメだ!」と言われて、
「ヨシ!頑張るか!」と心から思える人は、少ないのではないでしょうか?
私だったら、悔しくて上司を見返してやるために「今に見てろよ!」という気持ちで、これって、変な頑張り方ですよね。
言い返せば『恨みの頑張り』です。これは、いつか破綻します。

皆さんは、子供に恨まれてまで、勉強しろと言いたい、勉強させたいですか?
私は、イヤです。


私の経験?からすると、
強いところつまり、成績の良かった科目や所感で先生に褒められている所を、親として、徹底的に褒めまくります。一年を通しても、親として、子供を褒める機会も余りありません。ですから、ここぞとばかり、褒めまくりです。そうすれば、3学期あれば、年3回は、自分の子供を褒めることができるでしょう。

5がひとつでもあれば、
「あわっ!5が1個あるよ!すごいなぁ。お父さんは、5なんて、あまり無かったよ。5を取る人は、ほとんどいないんだろ!すっごいなぁ!」

たとえ5がなくても、4があれば、
「うわ~っ、4が一杯あるよ!4は、平均よりもずっと上で、もう少しで5って言うことだろ。その4がこんなに一杯あるよ!」

また、評価が下がった科目に注目するのではなく、上がった科目に注目する。
「おっ!理科が3から4にあがってるよ。頑張ったなぁ。どうだ?理科って面白くなったか?お父さんは、小学校のころ理科が大好きでなぁ・・・・」

体育の評価が一番良くて、国数社英が悪くても、
「さすが、お父さんの子だな。お父さんも、体育だけは誰にも負けなかったよ。今年も運動会楽しみにしているからな。今年も、クラス代表のリレーの選手になれよ!」

また、通信簿で褒めるところが無くとも、
「○○ちゃんのお父さんが一番大好きなところは、いつもお手伝いをしてくれるところだよ。この間も、お母さんの料理を手伝っていたよね。だったら、「家庭科」なんて、面白いと思わないか?○○ちゃんだったら、料理もうまいし、家庭科で頑張ったら、もっとお母さんのお手伝いをしてくれる?そうすると、お母さん、すっごい喜んじゃうよっ!」など、その子の良い所を褒めて、何かにつなげてあげるというのもあります。

などというように。
お世辞は、ダメですが、「事実を元に褒める」ならば、効果ありです。
このように、「褒めまくる」と子供は、嬉しくなり「よしっ!次回は、もっと良い評価をもらって、お父さんに褒めてもらおう」と思って、自ら勉強するようになります。体育でも真剣に取り組むようになります。
人間、ある程度までは、努力すれば成果は出ます。
成果が出れば、また「褒めまくり」ます。
こうして、好循環させるのです。


多くの場合、評価の低い科目は、子供が嫌いな科目なんです。
嫌いな科目を無理やり勉強させても、頭に入るわけがありません。
苦手な算数などを無理やり勉強させると、子供は、「自分はなんてバカなんだろう」と自分自身に失望するだけです。そして、親の期待に押しつぶされていくのです。


同じ時間するなら、好きな教科の方が断然に頭に入ります。
そうすると、子供の心の中に、ある変化が生まれてきます。

例えば………

1.算数が得意な子がいるとします。授業中は、どんな問題を先生が出題しても、すぐに元気良く「ハイッ!」と手を上げ、さされても自信満々に答えるでしょう。ところが、国語の時間になると、チンプンカンプン。急におとなしくなります。
子供は、子供なりに「これじゃ、まずいな。」「みっともないなぁ」と思うようになります。

2.体育が得意な子がいるとします。運動会ではエースです。小学校高学年ともなれば、クラブ活動が始まり、学校の朝礼では対外試合の成績発表もあります。まさに、学校のヒーローです。異性からも注目を浴び始めます。しかし、他の科目はというと………。子供は、子供なりに「これじゃ、カッコワルイなぁ」と思うようになります。

このように、ダントツが1つでもできると、子供は、他のダントツではない科目とのバランスを考えるようになります。
つまり、嫌いな科目を自分自身で勉強し始めるのです。

あとは、なるようにしかならないのです。
所詮、私の子ですから。
トンビの子供をタカにしようとしても、限界がありますよ!!
親のできる事、子供にしてあげられることは、
子ども自身が「勉強しよう」という気持ちを起こす環境を創ってあげることだと思います。

結局、成績が上がらない場合だってあるでしょう。
私は、子供たちに「できない惨めさ」よりも、何かひつとでも「できる誇り」を持ってもらえたならば、それでよし!

ブログランキングに参加しています。
応援のクリック頂ければ幸いです。
↓ ↓
 

 

スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。