スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命を掛けて、戦うということ~内藤大助選手~

昨日行われた【WBC世界フライ級チャンピオン:内藤大助VS日本フライ級チャンピオンWBC/世界フライ級14位:清水 12R】を観て、思うところがあったので、急遽テーマを変更させていただきます。ごめんなさい。


内藤大助選手(33歳)は、私と同じ北海道生まれ。ただ、それだけで、私は、大好きな選手です。
彼は、身体が小さく、細く、おとなしく格好の虐めの対象になっていたことも有名?です。
もう一つ、私が内藤選手が好きな理由は、子供の頃、虐めの対象になっていたにもかかわらず、【決して心は折れなかった】ことです。
その辛い体験を活かし、現在、全国の小学校を訪問し、小学生に対して、「虐めがいかに良くないことか」を伝道しています。


彼は、つい最近まで、家賃8万9000円、2DKの賃貸マンションに、夫人の真弓さん(35)、長男・亮くん(2)の3人家族で暮らしており、大変質素な生活をしていること、これまでの夫人の真弓さんの内助の功もテレビで放映され、皆さんもご存知のことと思います。


皆さんも関心があると思いますが、彼のファイトマネー(彼の手取り)は、いくらだと思いますか?

世界タイトルを獲得した際の彼のファイトマネーは、1000万円だそうです。
また、内藤VS亀田大毅戦においては、亀田大毅選手の所属する協栄ジム金平会長は、宮田ジムと現金で7000万円、チケットで3000万円分の総額約1億円を支払う契約を交わしたことを明かしたようです。ルールでは、「ジムのマネジメント料は、全収入の33%を越えてはならない」らしいのです。しかし、内藤選手は、亀田戦において、1000万円代のファイトマネーしか、支払われなかったそうです。宮田ジム側の意見としては、「世界タイトルマッチ戦を組むために相当のお金を使ったから」という理由です。
宮田ジム側としても、北海道から出てきた「ひ弱な内藤青年」を世界王者したということもあるでしょうし、内藤選手も宮田ジムに対して、自分をここまで育ててくれたという恩もあるでしょう。
また、亀田三兄弟のように、ジムと折り合いが合わず、ジムを飛び出した場合、受け入れてくれる国内のジムがなければ、国内の試合も出来なくなるのです。
したがって、ファイトマネーについては、内藤選手は、プロ選手としてジムと交渉するのであって、1000万円のファイトマネーが高いか安いかは、内藤選手の問題であると思います。


さて、プロボクシングのことを、世の中でもっとも野蛮なスポーツ、いやスポーツではないという人もいます。
なぜなら、人間が人間を殴り、倒すものだからであり、もっとも原始的であるという理由からです。

私の意見としては、ボクシングは、己の身体を限界まで鍛え抜き、そのぎりぎりの状態の中で技術を磨きくという、肉体と精神をぎりぎりまで追い詰めて、試合に臨む姿に感動せざるを得ません。私にとって、ボクシングをスポーツかどうかという議論自体がナンセンスに思えてなりません。
しかし、ボクシングは、「命を掛けた」ものです。
今まで、数多くの選手が死亡、植物人間、言語障害になっています。
彼らは、自分の命を削って、明日を切り開こうとしています。
その為に、死ぬ思いをして過酷な練習を積み重ね、試合に臨んでいます。

では、ボクサーとは、職種は異なりますが、私たちは、死ぬ思いをして仕事をしているでしょうか?
倒れそうになって、仕事をしてことは何度もありますが、私は残念ながら、自分の命までは、掛けて仕事をしたことはありません。また、命を掛けて、訓練もしていません。
皆さんは、いかがでしょうか?


プロボクシングは、私にとって、そこが私に感動を与えてくれるのだろうと思っています。
したがって、オリンピックにもボクシングという種目はありますが、私は、全く感動しません。

また、戦い、勝つということについて…………….
今回の挑戦者である清水選手は、「正攻法な選手、綺麗なボクシングスタイル選手」として評価されています。
それに比べて、内藤選手は、「トリッキーな選手」として、なんとなく「ずるい手法の選手」と評価されていると思うのは、私だけでしょうか?
プロボクシングは、勝たなければ、全てを失うスポーツです。
最低限のルールを守れば、どんな戦闘スタイルでも良い?スポーツです。
亀田大毅選手のように「ベットロック、首投げ」は、いけません。プロセスリングと同じリングを使いますが、ルールが違うのですから。
内藤選手は、年齢33歳であり、とうにボクシング選手として峠を越しています。また、見てお分かりの様に、胸板も厚くなくどちらかというと貧弱な肉体です。
その彼が、勝つためには、トリッキーな戦法が最良であると答えを出したのです。
そして、実際、彼は、今回三度目の防衛戦に勝利しました。
勝つためには、正攻法である必要はないと思うのです。
ルール違反は、絶対にいけないことだと思いますが、プロの世界には、正しい勝ち方なの無いと思うのです。
ルールの範囲であるならば、【勝つことこそが正しさの証明】だと思うのです。
負けてしまえば、全てを失うのです。
日本人は、柔道でよく言われるように「柔は剛を制す」「小さい体の日本人が、大きな身体の外国人に挑む、その姿が美しい」「たとえ、負けたとしても、その姿勢」を評価します。

しかし、プロにとっては、「勝つことが絶対条件」なのです。
私たちは、勝ちたいとは思っていても、本当に「勝つことが絶対条件」と思っているでしょうか?
たとえば、顧客に対する提案で受注できなくとも、涙流して悔しがることは、どのくらいあるでしょうか?

私は、受注できなくて、何度か悔し涙を流したことはあります。

私は、勝つことに固執して、仕事をしたい。

また、勝つということは、「己に勝つこと」かも知れません。


最後に、日米3000本安打を達成したイチロー選手の言葉を………
『やれることはすべてやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して、準備した自分がいたことを誇りに思っています』

『妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない』

『第三者の評価を意識した生き方はしたくない。自分が納得した生き方をしたい』

『節目を越えた後の一本というのはすごく大事だから、価値あるものだった』

『小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています』


ブログランキングに参加しています。
応援のクリック頂ければ幸いです。
↓ ↓
 

スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

早野雄二

Author:早野雄二
こんにちわ!「インストラクターの独り言」へようこそ!

昭和35年(1960年)、北海道歌志内市生まれ。
(現在、歌志内は、日本一人口の少ない「市」です。ぜひ一度訪問してください。)
(http://www.city.utashinai.hokkaido.jp/)

大学を卒業後、この業界に飛び込み、あっという間に25年が過ぎました。ビジネスと言うジャンルにとらわれずインストラクターの視点で、綴って行きたいと思います。

2007年7月NASSAN V-up PROGRAM のV-FASTの販売会社への導入を評価され、日産自動車株式会社 CEO Carlos Ghosn氏より「V-up課題達成優秀賞」の表彰を受ける。

著書:
⇒「営業マン次の一手」(共著:総合法令)
⇒現在、2冊目企画中

最新コメント
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
マーフィーの成功法則
最新記事
世界に緑を
私の大切なリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

edita 読者コミュニティ
edita.jp【エディタ】
著書
私の著書です【共著】
月別アーカイブ
カテゴリ
社会貢献
クリックをお願いします。社会貢献に取組む協賛企業があなたに代わって募金をします。
COUNT UP
あし@
なかのひと
@roots
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。